業界でもトップクラスの低金利カードローン

オリックス銀行

オリックス銀行カードローンで教育資金を借りる

学校の入学や、学期ごとの授業料など結構かかります。

 

実際に子供を学校へ行かせると教育資金が思ったよりお金がかかる」と驚いている方も多いのではないでしょうか?

 

学校に資金は前期、後期の2回払いであったり、学期性で3回支払う必要がある場合もあると思います。しかも、驚くのは入学金などが高額であるケースが多いということ。場合によっては併願校へ入学金だけでも収めておかないといけない場合もあると思います。選ぶ学校によっても異なりますが、授業料の他にも補助金などかかる要素がたくさんあります。

 

私立へ行かせるとなると。1000万円と世の中で言われていますが実際に教育資金でどれくらいかかるのかご存知ない方も多いと思いますので、こちらに教育資金をまとめてみましたのでご覧ください。

教育資金の主なまとめ

公立

私立

幼稚園

47万円 ※2年間

(1万9500円))

102万円 ※2年間

(4万2500円)

小学校6年間

188万円
(2万6000円)

600万円

(10万円)

中学校3年間

141万円

(3万9000円)

382万円

(10万6000円)

高等学校3年間

155万円

(4万3000円)

310万円

(8万6000円)

大学4年間

287万円 ※国立

(5万9700円)

581万円

(12万1000円)

※文部各省「データから見る日本の教育2006」参照。
※私立小学校はデータが不足をており調査がなしとなっていたため、年間100万円で記載。
※下の(  )が月額の料金

 

もちろんこれは教育資金なので、学校へ通ううだけのお金になります。他にも入学金、寄付金、物品購入、修学旅行積み立て、塾費、交通費、部活にかかる費用、下宿費(月10万円くらい)かかります。

 

すべて公立で通った場合でも約818万円が必要で、すべて私立の場合は約1975万円がかかるという計算です。公立でも高く見えますが、ずっと私立になる公立の倍以上のお金が必要になると言うことです。

オリックス銀行カードローンで借入

そのため、毎月貯金をしていたとしてもお金が足りなくなるケースもあります。そのような場合に銀行系のカードローンでお金借りると言う方法があります。実は思ったよりも教育資金がかかってしまい足りなくなってしまうとケースもあります。

 

自分のことなら我慢をしたり、日にちをずらせば何とかなるかもしれませんが、問題は教育資金のお金を支払うことが滞った場合に子供に直接影響が出ると言う点です。

 

例えば、資金は滞った場合公立なら何とかなるかもしれませんが私立の場合は学校を退学という形になりますよね。

 

そんな風な思いを子供にさせないためにも教育資金の準備はとても大事です。教育関係でお金に困ったら低金利のオリックス銀行カードローンで借り入れをすると言う方法があります。

 

オリックス銀行カードローンは多様なニーズに答えてくれる便利なキャッシングです。そのため、教育資金としての融資ももちろん可能となっていますね。

 

オリックス銀行カードローンは業界でも最低水準の低金利となっていますが、100万円以上の借り入れをすると金利もより下がっていきます。

 

大きな金額(100万円)以上を借りるとなると長期的に返済をしていく形となりますので低金利で利子を出来るだけ低く借りることが出来るカードローンが良いでしょう。

 

大手のネットバンキングでオリックスグループの金融部門なので安心感も高いです。

 

オリックス銀行

コメントを残す